R 使い方 ヒストグラム グラフの描き方

バイオインフォ道場、くまぞうです。

データを理解する方法の1つに「グラフ」があります。詳細なデータをまとめた表に比べると「詳細さ」は劣りますが、データの全体像を理解しやすくなります。そして、目的に応じたグラフを使うことが大事です。Rを使って、色んなグラフを描画してみましょう。今回は、「ヒストグラム」です。

スポンサーリンク



ヒストグラム

特長

ヒストグラムは、データの頻度分布を表すグラフです。横軸は区間・階級、縦軸は区間内の頻度や相対頻度を表します。軸のスケールによって、印象が変わるので、適切なスケールを決めることが大事です。

グラフの描き方

組み込みデータセットのirisを使用します。実際にグラフを書く場合は、ファイルから読み込んだデータを使うことが多いので、一度ファイルにデータを保存してから使います。Rでグラフを描くときは、histを使います。

> iris
> head(iris)
  Sepal.Length Sepal.Width Petal.Length Petal.Width Species
1          5.1         3.5          1.4         0.2  setosa
2          4.9         3.0          1.4         0.2  setosa
3          4.7         3.2          1.3         0.2  setosa
4          4.6         3.1          1.5         0.2  setosa
5          5.0         3.6          1.4         0.2  setosa
6          5.4         3.9          1.7         0.4  setosa

> summary(iris)
  Sepal.Length    Sepal.Width     Petal.Length    Petal.Width   
 Min.   :4.300   Min.   :2.000   Min.   :1.000   Min.   :0.100  
 1st Qu.:5.100   1st Qu.:2.800   1st Qu.:1.600   1st Qu.:0.300  
 Median :5.800   Median :3.000   Median :4.350   Median :1.300  
 Mean   :5.843   Mean   :3.057   Mean   :3.758   Mean   :1.199  
 3rd Qu.:6.400   3rd Qu.:3.300   3rd Qu.:5.100   3rd Qu.:1.800  
 Max.   :7.900   Max.   :4.400   Max.   :6.900   Max.   :2.500  
       Species  
 setosa    :50  
 versicolor:50  
 virginica :50 

> write.table(iris, "iris.txt", quote=F, sep="\t")
> data <- read.delim("iris.txt")

> png("hist1.png")
> hist(data$Sepal.Length)
> dev.off()

> png("hist2.png")
> hist(data$Sepal.Length, breaks=c(0,2,4,6,8,10))) #breaks=seq(0,10,2)でも良い
> dev.off()

グラフの例

hist1

hist1

hist2

hist2

グラフ描画について

組込みデータ「iris」をグラフ表示しました。ファイルに保存したデータを、改めてread.delimで読込み、data$Sepal.Lengthで表示データを指定しました。head及び、summaryでデータの一部と概要を示しました。hist1ではデフォルトのSturges階級数による区間表示、hist2ではbreaksを指定してカスタマイズ区間表示を行いました。区間の指定について、breaksに配列を直接指定しましたが、seq(from, to, by)で配列を生成&指定するとより汎用的で便利かもしれません。

スポンサーリンク





今週よく読まれている記事

  1. 学会・会議で英語が絶望的にできなくて困るケース | オンライン開催で「英語力のなさ」を痛感した場合の対処法

    学会・会議で英語ができなくてに困るケース学会やイベント・会議などが、オンラインで開催される…
  2. r tidyverse 使い方 | 列 filter 絞り込み select関数 – dplyrパッケージ

    tidyverseで1つのデータフレームの列の絞り込みは、dplyrパッケージのselect関数を…
  3. プログラミングで疲れた脳をリフレッシュ 〜 鬼滅の刃「感動」と「やる気アップ」でストレス発散!

    ストレス発散は鬼滅で。「50%OFF」で読む!脳のパフォーマンスを上げるには、適度な休憩と…
  4. AWS ディスク容量不足 新しいボリュームを追加する

    バイオインフォマティクスでは大きなファイルを扱うことがあるので、ディスク不足に陥ることがあります。…
  5. 「知っている」と「知らない」とでは、もしものとき、大違いになる – コロナうつ対策

    コロナうつなどという言葉を聞くようになりましたが、派遣切り、解雇、リストラは、これから本格化します…

カテゴリー

人気記事

  1. R言語

    R subset関数 データフレームやmatrixからの条件指定による行・列の抽出
    R の subset関数は、データフレームやマトリックスか…
  2. Excel, 統計

    z-score 計算方法 エクセル(Excel) 編
    統計処理で、大きく変化しているなどの判断基準にも使われる値…
  3. IGV, 解析ツール

    IGV 使い方 インストール〜便利な使い方まで | リファレンス・マッピングデータ・アノテーションを読み込んで表示しよう
    IGV(Integrative Genomics View…

おすすめ記事

  1. シェルスクリプト

    シェルスクリプト | ファイル存在チェック・空ファイルチェック
    bashでスクリプトを作成するときに、よく使うのがファイル…
  2. awk, シェルスクリプト

    bash 部分文字列・置換・長さ・連結・分割の文字列処理
    bashのよく使う文字列処理、部分文字列・置換・連結・長さ…
  3. R言語, グラフ

    R 使い方 軸・ラベルの調整(向き・サイズ・色など) グラフの描き方
    Rによるplot(グラフ)の描画は、手軽で大変便利です。た…