HISAT2 使い方 インストールとマッピング

HISAT2 インストール

HISAT2のサイトにインストールが簡単なバイナリー版が準備してあるので、ダウンロードして使います。使用したのは、「Linux x86_64 binary」版です。

HISAT2

HISAT2 インストール手順

# ホームディレクトリに移動
$ cd 

# hisat2 ダウンロード
$ wget ftp://ftp.ccb.jhu.edu/pub/infphilo/hisat2/downloads/hisat2-2.1.0-Linux_x86_64.zip .

# hisat2 解凍
$ unzip hisat2-2.1.0-Linux_x86_64.zip 

# 展開チェック
$ ls
hisat2-2.1.0

# パスを通す(例ではホームディレクトリを活用)
$ sudo ln -s ~/hisat2-2.1.0/hisat2 /usr/local/bin/

# 起動チェック
$ hisat2 -h
HISAT2 version 2.1.0 by Daehwan Kim (infphilo@gmail.com, www.ccb.jhu.edu/people/infphilo)
Usage: 
  hisat2 [options]* -x  {-1  -2  | -U  | --sra-acc } [-S ]

HISAT2 マッピング

hisat2をインストールすると、インストールフォルダにexampleデータが準備されています(今回の例では、~/hisat2-2.1.0/example/)。それらのデータを使って動作確認してみます。exampleの使い方は、HISAT2 MANUALの、「Getting started with HISAT2」に詳しく書かれています。

HISAT2 マッピング シングルエンド unpaired

シングルエンドのマッピング例として、example/read_1.faだけを指定して実行します。入力は、indexとread(read_1.faのみ)。出力をsam形式のファイルで指定しました。実行後、Alignment summaryが表示され、sam形式のファイルが出力されます。

指定方法 シングルエンド unpaired

$ hisat2 -f -x インデックス -U read.fa -S 出力sam

example 動作確認

# hisat2 インストールで格納されるexampleフォルダへ移動
$ cd hisat2-2.1.0/example

$ hisat2 -f -x index/22_20-21M_snp -U reads/reads_1.fa -S eg1.sam
# Alignment summary
1000 reads; of these:
  1000 (100.00%) were unpaired; of these:
    ... 省略 ...
100.00% overall alignment rate

# 出力データの確認
$ ls
eg1.sam

オプション

・-x:hisat2 index 指定
・-f:FASTA 形式の通知
・-U:シングルエンドの指定
・-S:sam形式の出力指定

indexもexample/indexで準備してあるものを使用しました。hisat2では、主な生物のindexが準備してあるので、ダウンロードして使うことができます。

$ ls index/
22_20-21M_snp.1.ht2  22_20-21M_snp.3.ht2  22_20-21M_snp.5.ht2  22_20-21M_snp.7.ht2
22_20-21M_snp.2.ht2  22_20-21M_snp.4.ht2  22_20-21M_snp.6.ht2  22_20-21M_snp.8.ht2

HISAT2 マッピング ペアエンド paired-end

ペアエンドのマッピング例として、example/read_1.fa, read_2.faの両方を指定して実行します。入力は、indexとペアエンドの各read。出力をsam形式のファイルで指定しました。実行後、Alignment summaryが表示され、sam形式のファイルが出力されます。

指定方法 ペアエンド paired-end

$ hisat2 -f -x インデックス -1 read1.fa -2 read2.fa -S 出力sam

example 動作確認

# hisat2 インストールで格納されるexampleフォルダへ移動
$ cd hisat2-2.1.0/example

$ hisat2 -f -x index/22_20-21M_snp -1 reads/reads_1.fa -2 reads/reads_2.fa -S eg2.sam
# Alignment summary
1000 reads; of these:
  1000 (100.00%) were paired; of these:
    ... 省略 ...

100.00% overall alignment rate
$ ls
# 出力データの確認
eg2.sam

オプション

・-x:hisat2 index 指定
・-f:FASTA 形式の通知
・-1:ペアエンドの指定
・-2:ペアエンドの指定
・-S:sam形式の出力指定



カテゴリー

今週よく読まれている記事

  1. 学会・会議で英語が絶望的にできなくて困るケース | オンライン開催で「英語力のなさ」を痛感した場合の対処法

    学会・会議で英語ができなくてに困るケース学会やイベント・会議などが、オンラインで開催される…
  2. r tidyverse 使い方 | 列 filter 絞り込み select関数 – dplyrパッケージ

    tidyverseで1つのデータフレームの列の絞り込みは、dplyrパッケージのselect関数を…
  3. プログラミングで疲れた脳をリフレッシュ 〜 鬼滅の刃「感動」と「やる気アップ」でストレス発散!

    ストレス発散は鬼滅で。「50%OFF」で読む!脳のパフォーマンスを上げるには、適度な休憩と…
  4. AWS ディスク容量不足 新しいボリュームを追加する

    バイオインフォマティクスでは大きなファイルを扱うことがあるので、ディスク不足に陥ることがあります。…
  5. 「知っている」と「知らない」とでは、もしものとき、大違いになる – コロナうつ対策

    コロナうつなどという言葉を聞くようになりましたが、派遣切り、解雇、リストラは、これから本格化します…

人気記事

  1. Excel, 統計

    z-score 計算方法 エクセル(Excel) 編
    統計処理で、大きく変化しているなどの判断基準にも使われる値…
  2. IGV, 解析ツール

    IGV 使い方 インストール〜便利な使い方まで | リファレンス・マッピングデータ・アノテーションを読み込んで表示しよう
    IGV(Integrative Genomics View…
  3. R言語

    R subset関数 データフレームやmatrixからの条件指定による行・列の抽出
    R の subset関数は、データフレームやマトリックスか…

おすすめ記事

  1. awk, シェルスクリプト

    bash 部分文字列・置換・長さ・連結・分割の文字列処理
    bashのよく使う文字列処理、部分文字列・置換・連結・長さ…
  2. R言語, グラフ

    R 使い方 軸・ラベルの調整(向き・サイズ・色など) グラフの描き方
    Rによるplot(グラフ)の描画は、手軽で大変便利です。た…
  3. シェルスクリプト

    シェルスクリプト | ファイル存在チェック・空ファイルチェック
    bashでスクリプトを作成するときに、よく使うのがファイル…