FASTX-Toolkit 使い方 インストール

バイオインフォ道場、くまぞうです。

FASTX-Toolkitは、次世代シーケンサのFASTA・FASTQの前処理に関連するツールを集めたものです。トリミングやクリッピング、クオリティ処理に関するツールが提供されています。インストール方法について手順を整理します。

スポンサーリンク



FASTX-Toolkit とは

[browser-shot url=”http://hannonlab.cshl.edu/fastx_toolkit/index.html” target=”_blank” width=”600″]

事前に必要なもの

サイトの情報によると、以下のいくつかのユーティリティやツールが事前にインストールされている必要があります。しかし、この要求は使用するツールによって異なるので、今回は必要最低限のインストールを行います。libgtextutils(ver 0.7)だけを事前にインストールしました。

  • Fastx-toolkit version 0.0.13 requires libgtextutils-0.6 (available here for download)
  • A recent g++ compiler (tested with GNU G++ 4.1.2 and later).
  • The fasta_clipping_histogram tool requires two perl modules: PerlIO::gzip and GD::Graph::bars.
  • The fastx_barcode_splitter tool requires GNU sed.
  • The fastq_quality_boxplot tool requires gnuplot version 4.2 or newer.

pkg-config インストール

pkg-configがインストールされているかを確認します。

$ pkg-config --version
0.29.1

インストールされていなければ、aptなどのパッケージ管理ツールでインストールします。

# apt install pkg-config

libgtextutils インストール

# wget https://github.com/agordon/libgtextutils/releases/download/0.7/libgtextutils-0.7.tar.gz
# tar xf libgtextutils-0.7.tar.gz
# cd libgtextutils-0.7
# ./configure
# make
# make install

正常にインストール完了すれば、ライブラリが以下のように配置されます。

# ls /usr/local/lib/libgtext* -l
/usr/local/lib/libgtextutils-0.7.so.0 -> libgtextutils-0.7.so.0.0.0
/usr/local/lib/libgtextutils-0.7.so.0.0.0
/usr/local/lib/libgtextutils.a
/usr/local/lib/libgtextutils.la
/usr/local/lib/libgtextutils.so -> libgtextutils-0.7.so.0.0.0

# ls /usr/local/lib/pkgconfig/
gtextutils.pc

パス(PKG_CONFIG)を通して、設定が認識されたかを確認します。

$ export PKG_CONFIG_PATH=/usr/local/lib:$PKG_CONFIG_PATH

$ pkg-config --cflags gtextutils
-I/usr/local/include/gtextutils

FASTX-Toolkit インストール

以下の手順に従ってインストールします。

インストール

# wget https://github.com/agordon/fastx_toolkit/releases/download/0.0.14/fastx_toolkit-0.0.14.tar.bz2
# tar xf fastx_toolkit-0.0.14.tar.bz2
# cd fastx_toolkit-0.0.14
# ./configure
# make
# make install

インストール確認

$ fasta_formatter -help

共有ライブラリ依存関係情報の更新

もし、正常にインストール完了したのに、動作確認でライブラリのエラーが発生したら、ldconfigで共有ライブラリの依存関係情報を更新すると良いようです。尚、共有ライブラリの依存関係はlddで確認することができます。

$ fasta_formatter -help
fasta_formatter: error while loading shared libraries: libgtextutils-0.7.so.0: cannot open shared object file: No such file or directory
$ sudo ldconfig
$ ldd `which fasta_formatter`
  linux-vdso.so.1 =>  (0x00007ffff055f000)
  libgtextutils-0.7.so.0 => /usr/local/lib/libgtextutils-0.7.so.0 (...)
  libstdc++.so.6 => /usr/lib/x86_64-linux-gnu/libstdc++.so.6 (...)
  ...
スポンサーリンク





ピックアップ記事

  1. awk if サンプルでわかる条件文の書き方 一致・大小比較・正規表現を簡潔に書く方法

    awkのif条件文は、条件によって処理をわけたいときに使います。条件式では、0の判定・関係演算子・…
  2. R subset関数 データフレームやmatrixからの条件指定による行・列の抽出

    R の subset関数は、データフレームやマトリックスから条件にマッチした部分集合を取り出します…
  3. R 使い方 グラフの色 自作のカラーパレットとデフォルトのカラーパレット

    グラフを描画する際、色の組み合わせを1つ1つ考えるのは面倒ですよね。Rには、あらかじめ色の組み合わ…

人気記事

  1. Excel, その他, 統計

    z-score 計算方法 エクセル(Excel) 編
    統計処理で、大きく変化しているなどの判断基準にも使われる値…
  2. IGV, 解析ツール

    IGV 使い方 インストール〜便利な使い方まで | リファレンス・マッピングデータ・アノテーションを読み込んで表示しよう
    IGV(Integrative Genomics View…
  3. R データ型 - 文字列・ベクター・データフレーム・マトリックス など-, R言語, スクリプト

    R subset関数 データフレームやmatrixからの条件指定による行・列の抽出
    R の subset関数は、データフレームやマトリックスか…

おすすめ記事

  1. awk, bash 文字列操作, シェルスクリプト

    bash 部分文字列・置換・長さ・連結・分割の文字列処理
    bashのよく使う文字列処理、部分文字列・置換・連結・長さ…
  2. bash 応用, シェルスクリプト

    シェル スクリプト ファイル存在チェック・空のファイルチェック
    bashでスクリプトを作成するときに、よく使うのがファイル…
  3. R言語, グラフ

    R 使い方 軸・ラベルの調整(向き・サイズ・色など) グラフの描き方
    Rによるplot(グラフ)の描画は、手軽で大変便利です。た…